マクマリーの紹介


mcmurry.jpg

大学で有機化学を学びはじめるなら、まずこの一冊を読んで欲しい

レビュー

途中での例題や問題演習および賞末問題が多く、自習できるように工夫されている。初めて大学で有機化学を学ぶのに最良の本である。この一冊を極めることが出来れば、どの有機化学の研究室に入ったとしても、学部生として知識が不足ということはないだろう。

上中下で何を習うか。

上巻
1,構造と結合
2,極性共有結合;酸と塩基
3,有機化合物:アルカンとその立体化学
4,有機化合物:シクロアルカンとその立体化学
5,有機反応の概観
6,アルケン:構造と反応性
7,アルケン:反応と合成
8,アルキン:有機合成序論
9,立体化学
10,有機ハロゲン化物
11,ハロゲン化アルキルの反応:求核置換と脱離
12,構造決定:質量分析法と赤外分光法
13,構造決定:核磁気共鳴分光法
14,共役化合物と紫外分光法

中巻
15,ベンゼンと芳香族性
16,ベンゼンの化学:芳香族求電子置換
17,アルコールとフェノール
18,エーテルとエポキシド;チオールとスルフィド
19,アルデヒドとケトン:求核付加反応
20,カルボン酸とニトリル
21,カルボン酸誘導体と求核アシル置換反応
22,カルボニルα置換反応
23,カルボニル縮合反応

下巻
24,アミンと複素環
25,生体分子:炭水化物
26,生体分子:アミノ酸、ペプチド、タンパク質
27,生体分子:脂質
28,生体分子:核酸
29,代謝経路の有機化学
30,軌道と有機化学:ペリ環状反応
31,合成ポリマー

アマゾンのレビューから引用

この本の魅力は

・有機化学の内容が偏りなく網羅的に書かれている事
・自習用として演習問題が多い事
である。
特に大学時代に化学を勉強した時、演習問題の多さは非常に有り難かった。
余程高度且つ専門的な内容で無い限り、之で十分。
もし之で足りない内容の場合は、図書館等で適時調べればよい。

平時の学習の軸におく本としてはこれ以上のものは無いと思う。

アマゾンへのリンク

日本語版
英語版

関連ホームページへのリンク


リンク

トップページ-有機化学に関する厳選10冊の本の紹介

コメント欄

  • ご意見ご感想は、こちらにお書きください。 --- 管理人 (2013/06/28 22:03:43)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2013-07-02 19:33:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード