人名反応に学ぶ有機合成戦略の紹介


日本語版

jinmei.jpg

英語の原著

  • 人名反応を学ぶならこの一冊を読んで欲しい
  • 天然物合成に実際に使える反応を見つけるなら、この本がおすすめ

内容紹介

有機合成で最も頻繁に使われる人名反応250項目を取りあげて,1項目見開きで簡潔に解説.左頁には,人名反応の発見の経緯と歴史的背景,および反応機構が要領よくまとめられており,右頁にはその人名反応を用いた最近の主要な合成例を3例4例示してある.すぐに役立ちそうな反応ばかりである.しかも,反応プロセスはフルカラーでわかりやすく表現されている.内容はよく練られており,数ある人名反応の書籍のうちで,信頼性,わかりやすさ,役立ち度,情報料の多さは群を抜いている.まさに人名反応の決定版!有機合成化学の最前線で活躍している方がたの必備書.CD-ROM:1万点を超える引用文献,原著索引などを含む.

この本でわかること

1,全250の人名反応の重要論文(発見、総説、改良、反応機構)などがわかる。
2,全250の人名反応の発見の経緯と特徴
3,全250の人名反応の反応機構
4,全250の人名反応の合成への展開。(どのような天然物合成に使えるか)

レビュー

よかったところ
付録の「人名反応とその発見年」、「人名反応とその反応様式」、「官能基の変換と人名反応」、「生成する官能基と人名反応」が原書にはないが日本語版にはついていて使いやすい。冒頭にある「略語一覧」も、化合物名とともに化学構造ものっており、非常に使いやすい。

わるいところ
 本を見るときにすぐに見れると嬉しいのに、引用文献が、本にはついておらずCD-ROMの中に入っている。見る人によっては、紙媒体よりもデータ版がいいのかもしれないが、私には使いづらかった。
 日本語の訳し方のニュアンスが、原書とは微妙に違う意訳で読み辛い部分があった。英語を読める人なら英語版で読んだほうがいいのではないかと思う。

目次

1,人名反応250 
1反応2ページで完結にまとまっている。
2,付録
①人名反応とその発見年
②人名反応とその反応様式
③官能基の変換と人名反応
④生成する換気と人名反応

CD-ROM
重要参考文献
索引
人名反応検索

類似書籍

最近開発された役立つ反応も含め、有機人名反応の基礎を、多くの実験例をもとに解説。コンパクトにまとまっている。「人名反応に学ぶ有機合成戦略」よりも情報量が少ないが安価。

アマゾンへのリンクは、こちらから

日本語訳版

英語の原著版
日本で買うなら、日本語版の方が安く購入できる。

英語版は、CD-ROM版も売られている。

リンク

トップページ-有機化学に関する厳選10冊の本の紹介

コメント欄

  • ご意見ご感想は、こちらにお書きください。 --- 管理人 (2013/06/28 20:39:54)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2013-07-02 19:39:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード