研究室で役立つ有機実験のナビゲーターの紹介


内容

学生が研究者としてひとり立ちできるようになるためのサバイバルガイド。初めて研究室に配属された学生はもちろん、いまさら聞くに聞けない先輩学生がこっそり活用できる学生のバイブル本。

この本でわかることの一例

1、実験ノートの書き方
2、ガラス器具の使い方
3、乾燥剤の種類と使い方
4、再結晶のやり方、溶媒の選択方法等など
5、カラムクロマトグラフィーのやり方と理論
6、薄層クロマトグラフィーのやり方と理論
などなど

目次ー書いてあること一覧

1、月並みだけど「安全第一」
2、実験ノートは君の友
3、ハンドブックを読みこなす
4、すり合わせガラス器具
5、ミクロ実験装置の共通すり合せ
6、その他の楽しいガラス器具
7、ピペットの「キモ」
8、注射器と針、それにセプタム
9、器具洗いと感想
10、乾燥剤
11、生成物
12、融点測定
13、再結晶
14、ミクロスケール
15、抽出と洗浄
16、抽出と洗浄:ミクロ洗浄
17、実験室は「オール電化」
18、クラプで固定
19、蒸留
20、ミクロスケール蒸留
21、ロータリーエバポレーター
22、加熱還流と滴下
23、ミクロスケール実験での加熱還流と滴下
24、昇華
25、ミクロスケール沸点測定
26、クロマトグラフィー
27、薄層クロマトグラフィー:TLC
28、カラムクロマトグラフィー
29、ガスクロマトグラフィー
30、高速液体クロマトグラフィー
31、赤外吸収スペクトル
32、核磁気共鳴スペクトル:NMR
33、蒸留の理論
34、抽出の理論

アマゾンへのリンク


リンク

トップページ-有機化学に関する厳選10冊の本の紹介

コメント欄

  • ご意見ご感想は、こちらにお書きください。 --- 管理人 (2013/06/28 20:42:33)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2013-07-02 19:41:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード